平成28年3月30日より福助 オーディオ館に店名変更いたします。リファレンス同様ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。




電話で見積もり

S

SRS

Sound Retrieval Systemの略で、SRSラボの基幹となった立体音場再生技術。現在は、2chのスピーカーでバーチャルマルチch再生を行うTruSurroundch技術や、モノラルを含むあらゆるソースからマルチch音場を創出するCircleSurround技術が知られている。

 

SXRD

Silicon X-tal Reflective Display。ソニーがプロジェクター用の表示素子として開発した反射型液晶パネル。いわゆるLCOS(Liquid Crystal on Silicon/シリコン基板上に載せた反射型液晶)の一種だが、SXRDは初めから映画ソフトの再生を強く意識して開発され、2003年のQUALIA004以来多くのプロジェクターに採用されている。

 

S/N、SN比

信号レベルと雑音レベルの強さの比を示す値で、一定の入力信号を入れた時の出力側の信号レベルとノイズレベルの比で表示する。この値が大きいほど、機器で発生するノイズが少ないことになる。

 

SMPTE

Society of Motion Picture and Television Engineeresの略で、全米映画テレビジョン技術者協会。

 

SACD

ソニーとフィリップスが共同開発した高性能なオーディオCDの規格。CDと同じ赤外線レーザー使用の光ディスクで、容量は約4.7Gバイト(1層)。記録フォーマットはリニアPCMでなくDSDを採用し、最大6ch記録、120dB以上のダイナミックレンジと100kHz以上の周波数特製を再現している。CD層も持つハイブリットSACDもあり、互換性を高めている。1999年に登場。

 

SSD

Solid State Drive。半導体メモリーを使った記録装置。回転メカを必要としないので、アクセス性に優れ、振動・衝撃に強いなどのメリットがあり、HDDに変わる記録媒体として注目されている。

 

SCMS

Serial Copy Management Systemの略。現在は業務用として使われることの多いDAT(デジタルオーディオテープ)レコーダーの誕生直後に提案されたコピー制限技術。簡単にいうと許諾されたおりじなる音源(CDやDAT)からのデジタルコピーは可能でも、コピーしたデータ(子)からはコピー(孫)が不可能というもの。CDレコーダーでも使われている技術。

 

S端子

S端子はS-VHS規格誕生にともない開発された映像入出力端子で、Y(輝度)信号とC(色)信号を分離したまま伝送できる特徴をもつ。S端子にはS1とS2があり、S1はスクイーズ収録を、S2はスクイーズとレターボックス収録を識別して、そのアスペクト情報をテレビ側に伝える機能が追加されている。対応テレビであれば自動的に最適なアスペクトで表示される。

 

SD

Stsndard Defintionの略。ハイビジョンのHD(High Defintion)に対し、NTSC放送などを区別する際に使われる。身近にある信号では、480iと480pがSD、720pと1080iがHDに分類される。ちなみにJETIAでは、縦方向に650本以上の解像度を持つテレビをハイビジョンテレビと定義している。

 

SDI

Serial Digital Interfaceの略。業務用のTV機器やデジタルビデオ編集機器で使われるデジタル伝送方式。最近ではHDTV、SDTV共にSDIシステムが使われ始めている。スタジオ用モニターや業務用プロジェクターに装備されている。

 

SDメモリーカード

SDはSecure Digitalの略。松下、東芝、サンディスクが共同で開発した。マルチメディアカードに著作権保護技術を付加したメモリーカード。小型のminiSDカード、超小型のmicroSDカードを含めた3つのカードサイズがありアダプターを用いて互換性を保つ。転送速度(スピードクラス)による規格の違いもあり、最近の仕様ではSDXCで128Gバイト、クラス10が市販されている。

 

SPDIF

Sony Philips Digital Interface Formatの略で、デジタルオーディオ機器に用いられているデジタル伝送用のインターフェースのこと。物理的には同軸ケーブル(コアキシャル)や光ファイバー(オプティカル)でのデジタル伝送があり、前者にはコネクターにRCAやBNCがあり、後者にはTOSリンクやミニジャックを用いる。

 

S-VHS

日本ビクターが開発した高画質ビデオレコーダー規格で初代モデルは1987年に発売されたHR-S7000(\220,000)。輝度信号の帯域をハイバンド化して5MHzとすることで水平解像度をVHSの230本から400本へと大きく向上させたのが特徴だ。

 

SVGA

→ 解像度

  オーディオ買取画像