平成28年3月30日より福助 オーディオ館に店名変更いたします。リファレンス同様ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。




電話で見積もり

最大許容入力 とは

スピーカーの許容入力は連続した信号で測定される。音楽のピーク入力は、瞬間的にこれを上回ることがあるが、連続したものでなければ、破壊されることはない。このようなピーク値としての入力の限界をいう。

 

最低共振周波数 とは

スピーカーはいくつかの共振点を持っているが、それらの中で最も低い周波数のものをいい、f0(エフゼロ)ともいう。通常この点では周波数特性が盛り上がり、これ以下の周波数は再生できなくなる。

 

サイドバイサイド とは

スカパー!HDやBS11などの3D放送で採用されている映像伝送方式。右目用と左目用の映像を横方向を半分に圧縮し、2枚並べてひとつの画面にしている。2Dテレビで見ると似たような絵が並んだ映像にしか見えないが、対応テレビで再生すると3Dで楽しめる。サイドバイサイドは、従来の1080/60i放送と同じ放送インフラを活かした3Dがオンエアできるというメリットがある。3D非対応のBDレコーダーでも録画・再生が可能だ。

 

サウンドスクリーン

→ スクリーン

 

撮像素子

レンズで結んだ被写体の像を電気信号に変換する素子のこと。CCD(Charge Couplge Deviice)やCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)などの種類がある。

 

作動構成(ディファレンシャル)

2本の経路を用いる信号伝送方式で、バランス型ともいう。一般的なシングルエンド(アンバランス)型では+側とグラウンドの電位差で信号を伝送するが、作動構成では+側/−側の両方を対照的に使うのが特徴。外部ノイズに強く、DACやアンプをディファレンシャル駆動する場合も多い。

 

サブウーファー

およそ120Hz以下の低域増強信号(LEF)の再生を担当するユニットだが、バスアウト等の設定条件次第で他のチャンネルの低音再生も引き受けることができる。AVセンター側でサブウーファーを「無し」に設定すると、LFE信号はフロントチャンネルへ回る。

 

サブフィールド

プラズマデイスプレイは1フィールド期間内のパルス数を制御することによって明るさを変えている。具体的に言うと、ひとつのフィールドをさらに8〜12のサブフィールドに分けて、明暗の異なる画像を瞬時に表示することによって、正確な階調描写を実現しているのだ。8つサブフィールドで256階調の表現が可能になる。

 

サラウンド

Surround=囲む、取り巻く。「音に囲まれる」という意味で、ステレオのLch、Rchだけでなく、聴取位置の後方にもスピーカーを置き、再生する方式。後方に置いたスピーカーからは主として残響成分を再生し、臨場感を高める。元々は4ch再生が中心だったが最近は5.1〜11.2chといったデジタルサラウンドも登場している。

 

サラウンドバック

ドルビーサラウンドEXやDTS-ES再生で使用するスピーカーで、サラウンドスピーカーの間に設置するチャンネルの呼び名。リヤセンターとも呼ばれ、1本使い(6.1ch)と2本使い(7.1ch)とがある。

 

3管式プロジェクター

R、G、Bのブラウン管を発光素子として使うプロジェクター。厳密な設置・定期的な調整が必要だが、画面の良さ、色の階調性に優れるのがメリット。現行品はないがまだ多くのユーザーがいると思われる。

 

残響時間

ホールや部屋の残響の長さを表す値で、音が止まってから、残響のレベルが元の音圧レベルの−60dB(100万分の1)になるまでの時間と決められている。一般にいうときには500Hzの音の残響時間で表示する。

 

残像

像が残ること。人間の目も機会の目も同じで、残像管への入射光を遮断しても、像が直ちに消えずに残っていたり、動く物体の像が尾を引いたりする現象。また、人間の目にはこの残像が0.05〜0.1秒程度持続するが、テレビや映画はこの現象を巧みに利用することで、動画としているわけである。

 

サンダーボルト

米国インテル社が開発を進めていた技術で、高速のデータ通信、HD映像の動画伝送を可能にした高度なインターフェース。製品としては、2011年春、アップル社がノートPC、「Macbook Pro」に最大10Gビット/秒と高速で、しかも電力供給が可能なインターフェースとして採用した。USB3.0(最大5Gビット秒、電源供給可能)をしのぐ性能を誇り、将来的にはHDMIと同様の信号のやり取りも可能。

サンプリング周波数

アナログ信号をデジタル信号に変換する際に、信号を区切る時間を表す言葉で、単位はHz(ヘルツ)。例えばCDの44.1KHz/16ビットの場合、1秒間に音を44,100回に区切っていることになる。また、デジタル音声信号ではサンプリング周波数の約半分の周波数まで再生できる。ブルーレイの音声規格は最高192KHzをサポートし、その場合96KHZまでの音が再生できるとする。

 

残留雑音

アンプのボリュウムを絞り切っても、スピーカーからごく小さなレベルのサーッという雑音が聴こえてくることがあるが、それが残留雑音である。主としてパワーアンプ部のトランジスターなどから発生する雑音である。

 

サーバー

ネットワーク上で、データや機能を提供するコンピューター。インターネットではメールサーバー、WWWサーバー、認証サーバーなどが動いている。家庭用のサーバーも同様の機能を持つが、相手はPCに限らない点が家庭用サーバーの特徴となる。

シアン

カラーバーにおける色の3原色、赤(R)、緑(G)、青(B)および白以外の補色のひとつ。白、黄に次いで、高輝度(白が1.0、黒0、シアンは0.7)であり、比較的発色のよい色である。

 

 

磁気回路

スピーカーのボイスコイルを駆動するための磁界を形成する回路のこと。マグネットの磁気をヨークで誘導し、ボイスコイルの置かれたギャップに磁気が集中するように構成されている。

 

色差コンポーネント信号

デジタル放送やDVD、BDで採用しているY、Cd、Crという映像信号の形態。本来、非圧縮のRGB信号で扱うのが理想だが、放送、パッケージメディアともに、より効果的な伝送、収録が求められるためMPEG圧縮を採用し、Y、Cd、Crとして映像信号を扱っている。480p以上の出力は色差コンポーネント信号での受け渡しが不可欠。

 

色相

輝度信号で表現できる白、灰、黒以外の赤(R)、緑(G)、青(B)といった有彩色の色相のこと。明度、彩度とともに色の3属性のひとつであり、ディスプレイでは、復調後のR、Gのビーム量をアップすることでこの調整を行う。映像イコライジングでは、この調整をヒュー(hue)またはティント(tint)と呼んでいる。灰、白、黒といった無彩色には、当然ながら色相はない。

 

指向性/指向特性[スピーカーの]

スピーカーの周波数特性は正面軸上で測定されるが、軸上から外れると、高域が低下しはじめる。それが角度によってどう変わるか示すのが指向性特性で、通常30°及び60°での特性で表示される。

 

JIS

Japanese Industrial Standards=日本工業規格。我が国での工業製品の規格を決めたもの。経済産業省の品質管理検査に合格すると、JIS指定工場に指定され、そこで作られた製品には”JISマーク"がつけられる。

 

磁束/磁束密度

マグネットから放射される磁気の流れが磁束で、その単位面積当たりの磁束量を表しているのが磁束密度である。単位はガウス、スピーカーでは、ボイスコイルのギャップに誘導された磁気の磁束密度が駆動力に関係する。また、磁気回路のエアギャップに集まるトータルの磁束数を総磁束という、単位はマックスウェル。

 

実行出力

アンプの出力表示のひとつで、アンプに規定の入力をいれたときに、規定の歪率を越えずに連続して出せる出力のこと。通常は2ch同時動作の値で表示されるが、片chずつ動作させると、値は大きくなる。

 

ジッター

Jitter=いらいら、そわそわした状態という意味。VCRでは、テープの走行が不安定な場合に起こる。画像の微妙な揺れを指していた。最近はデジタル信号の時間軸方向のゆらぎのことをジッターと呼んでいる。

 

シネマDSP

ヤマハが強く展開する音場モード方式。映画館特有の空間を家庭で再現しようとする考えで生まれた。フロントL/Rの上側にプレゼンス(フロントエフェクト)と呼ばれるスピーカーをセットするのが特徴(フロントプレゼンスを使わないタイプもある)。80年代後半から現在のラインアップまで、技術の進歩はめざましいが、根幹の思想は同一である。音楽再生用のハイファイDSPも準備されている。最新のバージョンではフロントとリヤにプレゼンススピーカーを使う11.2chのシネマDSP HD(キュービック)まで進化している。

 

視野角

目を固定した時、その状態で観ることのできる2次元の空間の広さをいう。両眼と単眼では当然その範囲は異なるが、一般に単眼の場合は上下、左右が60度、両眼の場合は左右が広がり、100度程度といわれている。また最近では、プロジェクション型のディスプレイの普及により、そこから再現される映像のどの程度の範囲までセンター位置と同一条件で見られるのか、ということを表現するために、この視野角を用いる。その基準の目安としては、センター位置から3dBの明るさの範囲をとっているメーカーが多いようである。

 

ジャギー

画像の斜めラインがささくれてギザギザになってしまうノイズ。インターレース表示よりも走査線数を倍にするプログレッシブ表示で問題になるケースが多い。特に複雑な画像の動きに対して発生しやすい。

 

JASRAC

日本音楽著作権協会。音楽関係の作詞、作曲などの著作権を、協会員に代行して管理している。私的行為を除いて、音楽の演奏、録音、複写などを行うときには、この団体に申請し、著作権料を支払わなければならない。

 

SHARC

米アナログ・デバイセズが開発した、32ビット浮動小数点型DSP郡の名称。Super Harvard Architectureの略で、高精度DSPの定番であるハーバード型の改良版という意味。

 

シャープネス

見た目の解像度のこと。映像の周波数特性を制御して、輪郭の強調感やディテイルの再現性を強調する。シャープネスを上げると中高域が強調され、ディテイルがクッキリと再現されるが、ノイズが目立ちやすくなる。

 

周波数

電流や音波などが1秒間に振動する数のことで、昔は単位としてc/s(cycre per second)を使っていたが、現在ではHz(ヘルツ)を使用する。

 

周波数特性

アンプやスピーカーなど、オーディオ機器の周波数に対する応答を示したもので、一定の入力に対して、出力が周波数によってどう変わるかを測定したものである。略してf特ともいう。

 

周波数変換

映像・音声信号のデジタルデータを補間することによって、より豊かな再現性を実現するための技術。映像信号では480iの信号を480pに変換するi/p変換技術や、480pを720p/1080iに変換するスケーリング技術などが、周波数変換に該当する。

 

16対9

画面の横と縦の比率(アスペクト比)のひとつで、いわゆるワイドテレビやハイビジョン放送で採用されている。元々はハイビジョン放送のためにNHK放送技術研究所が提案したもので、3H(画面の高さの3倍)離れて観た場合に、人間がもっとも臨場感を感じる画角だといわれとぃる。

 

出力音圧レベル

スピーカーの能率を示す値で、1Wの入力に対して、1m派離れた地点で、何dBの御圧が得られるかを表している。しかし、これは周波数によって異なるので、周波数特性上の300、400、500、600Hzでの御圧レベルの平均で示される。2.83Vで測定することもある。

 

出力段

アンプの最終段に置かれた回路。パワーアンプでは電力増幅部である。

 

シュリンクモード

アスペクト比4対3のソフトをワイド画面のディスプレイで再生する場合、プレーヤー側でその画像の両端にサイドパネル(黒、グレーの帯信号)を加えて、スクイーズ信号として送り出すというもの。ディスプレイ側ではスクイーズ信号として扱えるために、映像の表示モードを変えなくて済むというメリットがある。

 

シュート

プレーヤーやディスプレイで、映像の輪郭部分を強調することによって発生する白フチ、黒フチのこと。映像の情報量が少ないと、どうしても見た目のフォーカスが甘くなってしまうために、意図的に高域の信号レベルを上げて、シュートのフチどりを付けるケースが多い。ただシュートが強すぎると、品位のざらついた映像になってしまう。

 

シュートアウト

Shoot Out。複数のフロントプロジェクターを同一条件で並べて設置し、同じ映像を一斉に投写することで画質を比較するイベント。元々はINFOCOMM(米国映像展示会)で、各メーカーのプロジェクターの個性を比較するために行われていたもの。スチュワートのHD130はこのシュートアウトのリファレンススクリーンに採用され、定評を集めた。

 

冗長度/冗長ビット

情報を伝送する際に余分でムダなことを冗長といい、全情報量から真に必要な情報量を引いた値を全情報量で割りパーセンテージで表したものが冗長度である。能力に限りのある媒体を使って情報を伝送するには、必要な情報以外はできるだけ少なく、つまり冗長度が小さい形で伝送するのが効率的だが、冗長度が小さくなると、正しく伝送されなかったときに、間違いを見つけて元の正しい信号に復元しにくくなる。そのため、媒体には元の信号を正確に復元する手がかりとして、ある程度の冗長度をもたせてある。

 

シリアル/パラレル

データ転送方式の名称。シリアルはPCと周辺機器の接続方法としてよく使われるもので、1本の信号線で1ビットずつ送られる。転送速度は稼げないが、伝送距離が長くとれるメリットがある。機器としてはモデムやプリンターに多く使われ、USB、IEEE1394はシリアル転送方式をとっている。シリアルに対してパラレルは、複数の信号線を使い同時に複数のビットの信号を転送するもので、シリアル比で転送速度が高い。周辺機器ではプリンターに使われる。また、PC内部ではハードディスクや基板でごく普通に使われている。最新のメモリースティックPROでもこの方式が採用された。

 

シリコンイメージ

正式社名はSilcon Image Inc。映像処理LSIの有力メーカーで、近年話題の映像のデジタル伝送規格DVIや、その上位規格であるHDMI策定の中心メンバーである。

 

振動板

音によって振動したり、逆に振動させて音を出したりするもので、マイクロフォンやスピーカーに採用されている。かつてスピーカーの振動板といえば、パルプ(紙)が一般的だったが、最近はさまざまな材料を混ぜ合わせた複合材が多くなり、アルミニウム、マグネシウムといった金属系の振動板も特に珍しいものではなくなりつつある。

  オーディオ買取画像