平成28年3月30日より福助 オーディオ館に店名変更いたします。リファレンス同様ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。




電話で見積もり

解像度

主にデバイスが表示できる画面の細かさ(画素数)を表す数値を示す。

 

階調

電子映像の表現におけるきわめて重要なファクターである。被写体の暗部から明部にわたるダイナミックレンジ。広ければ広いほどよく、原画と再生画の輝度変化のカーブが一致していることが望ましいのだが、現実にそうはいかない。映像素子及び受像管がガンマ(特有の輝度応答特性)を持っているからだ。モニターディスプレイ等の大きなテーマは、黒を沈めつつ、しかも黒ツブレを追放する、白を抜けるような白にして、しかも白トビを防止するということだが、これも階調表現と密接な関わり合いを持っている。

 

画角

→ アスペクト比

 

画素

画像を構成する最小単位。画面は多数の明暗の異なるドットから成り立っている。これらの点が集まって映像として認知されるのである。固体映像素子や、薄型テレビでは画素数の増加競争が盛んに行われている。

 

仮想同軸

→ スピーカー

 

片面一層/二層

BDやDVDなどの記録メディアの記録層を二重化して収録し、大きな容量を得ようとするもの。3層、4層のBD-XLもある。

 

可聴周波数帯域

人の耳で聴くことのできる周波数帯域のことで、通常20Hz~20,000Hzをいう。オーディオ帯域、あるいは低周波数帯域ともいう。

 

カットオフ周波数

フィルターの社団周波数のことで、特性が基準レベルから下がりはじめて、音量が半分になる3dB下がった点の周波数のことをいう。

 

過度特性/過度応答

音楽信号のように、激しく変化する信号に対して、どれだけ正確に追従できるかを表す特性。通常トーンバースト波や方形並みを入力しはときの立ち上がり、立ち下り波形で判断する。

 

可変出力端子

CDプレーヤーやカセットデッキ、テレビなどの出力端子のうち、内臓のボリュウム・コントロールによって信号のレベルが調節できる出力端子のこと。

 

可変ビットレート/VBR

映像圧縮を行う際、絵柄に応じてリアルタイムでビットレートを変化させ、限られた情報量を有効活用する記録方式。一定のビットレートで記録するCBR(固定転送レート)に比べて合理的な記録が可能だが、レートを抑えすぎるとブロックノイズなどが発生してしまう難しさがある。

 

加法混色

スクリーン上に2種類以上の色を重ねて投写したとき、そこにはもとの色とは違ったいろが現れる。つまり網膜の同じ位置で2種類以上の色刺激を受けると、元とは異なる色として認知するのだ。プラズマテレビ内の1画像を構成するサブピクセル内のRGBが細かく発光して、多種多様な色にになるのも加法混色である。

 

カメラレコーダー

動画像を記録するビデオカメラのこと。家庭用ビデオに続いて誕生し、様々なタイプの製品が登場した。現在はCCDやC=MOSなどの固定画素系素子を撮影素子に用いた製品が主流。解像度は降るハイビジョンに対応し、固定メモリーに記録するものが多い。また3D映像記録を可能としているモデルも登場している。

 

カラーS/N

色信号に関するS/N。輝度S/N(ビデオS/N)に対する言葉。色飽和度(彩度)と色相に分かれ、前者をA/Mノイズ、後者をP/Mノイズという。映像鑑賞時に、単にカラーS/NというときはA/Mノイズを指すことが多い。

 

カラーバランス

RGBの原色間の強弱(輝度、彩度)のバランスだが、さまざまな意味で使われる。カラーバランスがよいと、無彩色が正しく再現される。カラーバーの各色間の彩度のバランスについてもいう。シアンやグリーンの再現が難しい。色のコーディネーションでもバランスが大事である。

 

カラーバー

kカラーテレビなどの色再現能力をチェックする信号。左から輝度順に白、黄色、シアン、緑、マゼンタ、赤、青と並ぶ。つまりRGBの原色とその補色で構成される色チャートだ。色相、彩度、輝度を見る。          *チェックBD「スーパーHiVi CAST」には、SMPTEに準拠したカラーバー信号が記録されています。

 

カラーバースト

→ 色同期信号

 

カラーフィルター

白黒の画像に着色して、フルカラー表示を可能にするもの。例えば、バックライトを液晶パネルによって遮ることで画像を表示する液晶ディスプレイの場合、単独では白黒画像しか表現できない。そこで一画素毎にカラーフィルターを装備し、その発光バランスを変化させることによって、自然なカラー画像を再現している。

 

カラーブレーキングノイズ

単板式DLPプロジェクターで映画などを観ていると、R/G/Bの残像が観えることがある、これは、RGBを高速で切り替えることでカラー映像を作り出している単板式DLPプロジェクターの原理に起因するもので、カラーホイールの高速化で軽減される。色割れノイズとも呼ぶ。観えかたには個人差がある。

 

カラーホイール

RGBなどに色分けされたディスクで、光源とレンズとの間で回転し、透過する光に着色する役割を持つ。単板式DLPで多く使われる。

 

ガンマ

撮像素子や受像管における、入出力の比率。入出力特性がパラレルに対応するのが理想だが、現実には各機器特有の特性があり、なかなかそうはいかない。そこであらかじめガンマ値を特定し、オーバーオールで特性を決めるやり方をとる。たとえばブラウン管のガンマは2.2であり、送信側でそのカーブに応じた補正をかけている。

 

カートリッジ

アナログレコードの溝に物理的な波形として刻まれた信号を、針先でトレースしてピックアップし、電気的な信号に変換する変換機。発電方式によって、MC型、MM型などいろいろなタイプがある。

 

カーボンファイバー

炭素繊維のこと。0.3〜0.5μm(ミクロン)という極細のアクリル系繊維を不活性ガスの中で高温で蒸し焼きにして炭化し、さらに超高温で処理したもの。非常に軽く、しかも強度はきわめて大きいという素材である。

 

カールツアイス

高速スチルカメラのレンズとして定評のあるドイツのブランド。レンズのシリアルナンバーと共に、各種特性を測定、管理し、厳しい検査をパスしたものだけを出荷する。ビデオカメラ/デジタルスチルカメラ用としてはソニーが採用している。

G(ギガ) とは

Giga。ギリシャ語で巨人の意味。10の9乗=10億倍を表す単位の接頭語。

 

疑似輪郭 とは

動きを伴う部分、あるいは静止画でも視線を移動させたりすると、ゴースト状のノイズ、画像のボケ、色のズレなどを感じてしまう、PDPでよく見られる症状。特に人の肌のように色合いがなだらかに変化していく部分で目につきやすい。これはPDPの発光が離散的なためで、なかには連続発光にして疑似輪郭ノイズを払拭した製品も登場している。

 

輝度信号(Y信号) とは

色信号に対する言葉で、輝度(明るさ)を表す電気信号。白黒テレビでは輝度信号のみで構成される。Y信号ともいう。輝度信号をベースにして、着色したのがカラーテレビジョンである。

 

ギャップ[スピーカーの]

スピーカーの磁気回路の一部で、ボイスコイルが収まる隙間のこと。ギャップを狭くすると空隙磁束密度が上がって、能率が高くなるが、反面、放熱が悪くなり、ハイパワーに弱くなる。

 

キャビネット

→ エンクロージャー

 

キャリア

キャリア=搬送波とは映像信号や音声信号を伝送するためのもので、色信号を乗せて伝送する波を色搬送波という。アナログ放送で採用されていたNTSC方式の場合、色搬送波は3.58MHz。つまり3.58MHzを中心の周波数として、約1.5MHzの帯状に渡り色信号が分布していることになる。3.58MHzを色副搬送波というケースもある。

 

吸音

音を吸収すること。あらゆる物質には、大なり小なり吸音する性質があるが、音が何かの物質に当たったとき、一部は吸収され、硬い物ほど反射が多くなるが、その度合いを表すのが吸音率である。

 

極性

スピーカーの極性と電源の極性を分けて考える必要がある。スピーカーの入力端子には+側と−側があり、電池の+側を接続したときに、振動板が前方に動く方の端子を+と決められている。当然再生時にはそれぞれのスピーカーの極性をそろえて接続しなければならない。また電源の極性はホット側とアース(グランド)側とがあり、コンセントの左側がアースとなる(市販の500円ほどの検電ドライバーでも調べられる)。各機器の電源極性はなるべくそろえておいたほうがよい。

 

k/M/G/T

kは1,000のことで、kgやkmなどの元の単位の1,000倍をあらわす際に用いられる。以後位取りの”,”ごとM=100万、G=10億、T=1兆となる。

 

記録フォーマット

本稿では、データを記録するその形式を指して用いている。例えば、BDにおけるMPEG=4やドルビートウルーHDのこと。

 

記録メディア

本稿では、データを記録する物理的な媒体を指して用いている。例えばDVDビデオにおけるDVD=ROMのこと。

 

記録モード

録画機で使われるモードは様々あるが、現在では主にDR(ダイレクト・レコーディング)と各社それぞれの長時間モードに分類できる。長時間モードの名称はメーカーにより命名され統一されていない。

 

銀残し

映画のフィルム現像時に使われる手法で、フィルムの漂白、定着過程で取り除かれるはずの銀粒子をわざと残すこと。この方法を使うとコントラストが増し、黒が締まって見えるといった効果を出すことができるといわれる。スティ−ブン・スピルバーグも「マイノリティ・リポート」「シンドラーのリスト」といった作品で銀残しを効果的に使っていた。

 

キーストン補正

プロジェクター設置時、投射面に対しプロジェクターが迎角あるいは俯角を持っていると画面が台形に歪む。この台形の歪みを電子的にキャンセルする機能がキーストン補正だ。狭い部屋など、設置に制約が多い時には重宝するる。

 


  オーディオ買取画像